自然葬の概要と今後について

  • 自然葬を検討してみませんか

    • 人間にとって決して避けられないもの、それは死です。



      どんなに偉い人でもお金持ちでも避ける事ができません。ひと昔前までは、先祖代々受け継がれてきたお墓というものがありました。


      自分が亡くなってしまったら、そのお墓に入り、自分の子供や孫など永遠にお参りを続けてくれるという安心感がありました。しかし最近は、その考えが変わりつつあります。


      少子高齢化の世の中です。

      それでけなく、結婚をしないで生涯独身で過ごす方も増えつつあります。
      そうなると、自分の死後、お墓に入ったとしても、そのお墓を管理してくれる人がいないという事態が起きています。



      またお墓というのは、管理が大変です。


      お金もたくさんかかります。


      自分に子供がいたとしても、そのような大変な事をさせる事が出来ないと考える方が多くなってきています。



      そして、今まで当たり前のように考えていた自分の死後について自由に考え行動することが出来る世の中になってきました。
      そんななかで、今、自分の死後について今までにない考えを持つ方が多くなってきました。



      自分の死後は、お墓の中に入ってしまうのではなく、自然の中に還りたいという気持です。

      それが、自然葬です。

      自然葬とは、新しい供養の形です。


      個人の墓であるためにお墓を継承する人は必要ありません。

      自然に還りたいという故人の遺志を尊重できる形です。



      また、墓石を使う従来のお墓よりも金額は、とても安くすることができます。


      自然葬は、宗教を問う事もなく、生前に予約をすることも出来ます。



      自然に優しい自然葬を検討してみてはいかがでしょうか。

  • 関連リンク

    • 人間にとって決して避けられないもの、それは死です。どんなに偉い人でもお金持ちでも避ける事ができません。...

    • 遺体や遺灰をお墓に納めるのではなく、遺骨を粉砕して散骨したり遺骨の上に木を植えて樹木葬にするといった、自然葬を選ぶ人が増えています。少子化や家族の形態が変わり、墓守をする人がいないことや、墓の維持には費用がかかりますが、それらの負担を子供らに任せるのが忍びないといったことから、自然葬を選ぶ人がいます。...